メンバー紹介

私たちLeSDAは、グラフ理論に基づいた最新のデータベースによって、自由で豊かな学びを支える次世代の学習基盤を開発します。

理事

梶原 勇希

LeSDA代表。千葉大学電気電子工学科に飛び級入学した現役学生でありながら、グラフデータベースの開発運用や義手製品の設計等を幅広く行う。プログラミングやロボット、電子工作などに幼少期から慣れ親しんできた経験(ロボットコンテストROで世界7位入賞)を生かし、現在フリースクールにてものづくり教室を開催中。

林 祐輝

東京大学大学院情報学環社会情報学コースにて、政治哲学や教育哲学を専攻。LeSDAでは現実世界とグラフ理論を接続させるための意味論的な観点も交えつつ、データベースの設計・運用等に携わる。また、独自に公立中学・高校での300人規模の授業ワークショップを毎年主催。「最終学歴よりも最新学歴」を合言葉に誰もが学び続けることのできる社会の実現を目指す。

江口 静

東京大学大学院情報学環総合分析情報学コースにて、ブロックチェーンを利用した分散型IDの研究を行う(ブロックチェーンハッカソンで世界2位入賞)。地方出身で教育格差を肌身で感じておりGLIDの思想に共感し参画。GLIDではデータベースシステムの設計開発を担当。GLIDを通じて地方の教育格差を改善することを目指す。

古山 明男

1949年生。京都大学理学部卒。1990年頃より私塾・フリースクールを主宰する教育者であると同時に、”脅し合いと奪い合いのない社会を創る”ことを目指してオルタナティブ教育の研究を行う在野研究者。著書に「変えよう!日本の学校システム」(平凡社)、「ベーシック・インカムのある暮らし」(ライフサポート社) 「子どもが学校に合わないことを本人の甘えや努力不足のせいにしていたら、教育は発展しない。それぞれの子にあった学びの道を発見することが、教育のビッグバンを起こす」

岡村 亮佑

京都大学大学院教育学研究科修士課程にて、教育方法学を専攻。専門は日米の授業研究・教師教育。教科は数学。日米の授業論の歴史・比較研究を行う傍ら、学校現場との共同研究も行う。LeSDAでは、教育方法学の観点から、各サービスの実装段階における様々な知見や示唆を提供。

齋藤 啓輔

東京工業大学理学院数学系卒(専攻は数論幾何)。前職にてグラフ理論を用いたレコメンドエンジンの開発運用を経験。LeSDAではそれらの知見を踏まえたデータベースの開発運用に加え、団体の経理等を担当。

富森 滋

Webエンジニア。GLIDの統括的なシステム構築を担当しながら、データベースの監修やGLIDWebアプリの制作も行う。 「子どもたちが受ける教育をより豊かにするために何ができるのか、LeSDAを通じてその可能性を考えています。未来の教育のため、ぜひ一緒に行動しましょう!」

私たちの掲げる理念についてのご説明
次世代の学習基盤GLIDについてのご説明
【学びのデータベースGLIDの活用例】フリースクール
【学びのデータベースGLIDの活用例】 動画・書籍・オンライン教材
【学びのデータベースGLIDの活用例】 教育プラットフォームとの連携
【学びのデータベースGLIDの活用例】 博物館・図書館
【学びのデータベースGLIDの活用例】 ワークショップ
【学びのデータベースGLIDの活用例】 資格試験
PAGE TOP