代表

LeSDA 代表理事 梶原勇希(かじはら ゆうき)

小学生の頃プログラミングに出会い、ScratchやJavaなどで基礎を独学。
小学5年生でレゴ・マインドストームに出会い夢中になる。翌年にはレゴを使ったロボットコンテストに参加。

千葉県立千葉中学校・高等学校に進学。
中学と高校の両方で部活を立ち上げロボコンに参加し、全国大会計4回出場、2012にはWRO世界大会で7位を獲得。
高校からラグビーを始めたが、首の靭帯損傷で引退し、物理・数学・英語の勉強に専念。
この頃から、思考のシリアライズ(思考をどうコンピューターで扱えるようなデータに表すか)の研究を始める。

大学の受験勉強を回避するため、高校2年修了時に中退し、千葉大学先進プログラム先進電気電子工学科に飛び入学。
大学で回路を学びながら、思考のシリアライズのためにグラフデータベースを学ぶ。
この頃、レゴをつかったロボット教室で講師のアルバイトをする。

その後、大学2年修了時に休学。
グラフデータベースの知識を活かし、ECサイトのエンジニアに就職。
商品情報のカテゴライズ・タグ・多言語翻訳・レコメンデーションのシステムを設計・開発・運用。

またこの頃から、フリースクールでモノづくりワークショップを企画、ボランティアで毎月開催している。

2020年、筋電義手の設計開発をする会社に転職し、筋電センサーの開発、義手本体の基板設計を担当。
2021年、概念のシリアライズの研究成果を教育に適応するため、非営利型一般社団法人 学習圏開発機構 LeSDAを設立。
枠にとらわれない自由で楽しい学びを実現する、無償のオープンなプラットフォームをめざし、開発を進めている。

PAGE TOP